花粉症薬

花粉症薬

 

花粉症の薬は何種類か発売されていますが、代表的な3種類の説明をします。

 

1.アレグラ

 

くしゃみや鼻づまりの原因は、花粉を吸いこむと、ヒスタミンという物質が放出されて鼻の血管を拡張する事で起こるんです。

 

アレグラはこのヒスタミンの作用をブロックするのが抗ヒスタミン剤です。

 

嵐の大野君のTVCMでもおなじみで、心臓への負担がなく、長期間の使用が可能なお薬です。

 

最初に開発された抗ヒスタミン剤は、神経の鎮静作用があり眠気をもよおすのが欠点でしたが、この副作用がほとんどないのが新しく開発された第二世代の抗ヒスタミン剤なんです。

 

アレグラは塩酸フェキソフェナジンを成分にする第二世代抗ヒスタミン剤です。

 

ただ、抗ヒスタミン剤はアレルギーの症状をおさえる薬なので、アレルギーそのものを治療する薬ではないんですね。

 

2.エリアス

 

エリアス は、眠気を引き起こす副作用がないことと、効果の即効性が高いことで知られる「抗ヒスタミン薬」でなんす。

 

3.ジルテック

 

の花粉症のお薬のなかで、コストパフォーマンスは一番の第二世代の抗ヒスタミン剤です。

 

眠気や口の乾き、排尿障害などの副作用が少ないほかに、第二世代の抗ヒスタミン剤には効き目が早く出て、長時間続くというメリットもあるんです。

 

また、ジルテックは花粉が飛散しだす少し前からのみだすと効果的です。ジルテックは長期間服用しても心臓などに負担がないお薬です。

 

花粉症の薬をクリニックで処方してもらっている方は、診察料、交通費などの費用が掛かりますが、通販を利用するとそのような経費もかからず、大変お得です。
また、ジルテックなどの第二世代の抗ヒスタミン剤は、副作用が少なく効き目が早く出て、長時間続くというメリットもあるんです。

 

花粉症の薬についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 

花粉症症状

 

花粉症と一般的に言われているのは、花粉が原因で、ある季節だけ症状が現れる「季節性アレルギー鼻炎」です。

 

花粉により、主に鼻の粘膜や目の粘膜に起こるアレルギー疾患なんです。

 

花粉症はスギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギなど種ヶの花粉によって引き起こされますが、スギ花粉が最もよく知られています。

 

花粉の飛ぶ時期は植物によって大体決まっていますので、季節によって異なった植物による花粉症が起こります。

 

花粉症の症状はいろいろな部位に現れます。

 

目の花粉症の症状

 

・目のかゆみ
・涙が出る
・まぶたが腫れる
・目の充血

 

鼻の花粉症の症状

 

・鼻水がどんどん出てくる
・鼻詰まりがひどい
・くしゃみが何度も出る

 

この他にも花粉症により、頭痛、喉・のどの痛み、咳(せき)、イライラする、憂鬱になる、集中力が低下するなどの症状などがみられることがあります。

 

スギ花粉症の方は、すでに体の中にスギ花粉に対する抗体(IgE抗体)が存在しているため、飛散量などによって差はありますが、早めの花粉症対策に心がける必要があります。

 

また、低体温になると、酵素の働きが低下するため、血行も悪くなり、新陳代謝が悪くなり、免疫力も低下し、花粉症になりやすくなると考えられます。

 

花粉が原因の症状なので、まずは外出時にメガネやマスクなどで花粉を体に入れない事が大事です。

 

さらに、外出先から帰ったら衣服に付いた花粉をよく払ってから家に入るようにするなどの注意も必要ですね。

 

花粉症の症状を改善する薬についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 

花粉症時期

 

日本列島は南北に長いので、地域差があり、花粉症の原因植物の特徴や飛散期も異なります。

 

スギは北海道・沖縄にはほとんど存在しないため、スギ花粉症はありませんが、白樺花粉があります。

 

代表的なスギ花粉は、それぞれの地域の寒暖の差によってかなりばらつきがあるものの、ほとんどの地域での花粉のピークは、3月から5月です。

 

ピークが終わっても、地域によっては6月まで花粉を飛ばすようなので気は抜けません。

 

スギ花粉意外でも、タンポポやヒノキもスギに少し遅れる状態で芽吹いてくるので、春の花粉症は最も注意が必要です。

 

夏にも花粉の飛散はあります。

 

夏はイネ科の植物が大量に花を咲かせる時期になり、6月頃からナガハグサ、ギョウギシバが開花し始め、お盆過ぎにはススキやカモガヤなどが花を付けます。

 

秋は春や夏に比べて花を咲かせる植物は減ってきますが、アシやヨモギと言った一部のイネ科植物と雑草があります。

 

冬に花粉症と言うのはあまり効きませんが、年明けころから早い地域ではスギ花粉が舞いはじめ、ブタクサの花粉による花粉症の症状を訴える人もいます。

 

一般的に花粉症は春と言うイメージがありますが、一年中何らかの花粉は飛散しており、花粉症の原因となっています。

 

また、風邪の症状と似ているため内科を受診する場合がありますが、花粉症である場合がありますのでいままで花粉症に罹ったことのない人は、耳鼻咽喉科の受診をしてみて下さい。

 

花粉症の薬についてもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてださい

 

花粉症薬強さ

 

第二世代抗ヒスタミン薬の強さと眠気の比較をポジショニングマップで説明します。

 

 

第二世代抗ヒスタミン薬の比較の軸は薬の効果の強さと眠気の強さの2つあります。

 

基本的に効果が強いほど眠気の副作用も強くなるという関係になっていますが、この中で一番新しいザイザルという薬に関しては、ジルテックから眠気成分だけを取り除いたものになるため、薬の強さを維持しつつ眠気が少ないものになっています。

 

なお、第二世代抗ヒスタミン薬の中で、薬の添付文書の「重要な基本的注意」の項目に眠気を催す旨の記載がないのはアレグラとクラリチンの2つだけなんですね。

 

アレグラとクラリチンに関しては、プラセボ(ニセの薬)との比較実験を行い、副作用として眠気が確認されないことが実証されているため、パイロットや運転手など、交通業務従事者の第一選択薬になっています。

 

ちなみにこのヒスタミンという物質は、脳内の伝達物質としても使われているんです。

 

そしてポララミンやエスタック鼻炎カプセル、ストナリニSなど、初期の抗ヒスタミン薬(第一世代抗ヒスタミン薬)は脳にも薬が届いてしまうことで、脳内の伝達物質としてのヒスタミンの活動も阻害してしまうことで眠くなってしまうという欠点があったんですね。

 

そのため、市販の花粉症の薬が眠くなると言われていたんです。

 

こうした副作用を改善し、薬が脳に届く副作用を改善したものが第二世代抗ヒスタミン薬と呼ばれているものなんです。

 

これらの薬は基本的に医療用の処方薬として用いられてきましたが、最近では処方薬から市販薬に転用された薬も増えてきています

 

眠気の少ない花粉症の市販薬を探す場合は、この第二世代抗ヒスタミン薬の中から選ぶのが良いという事になります。

 

抗ヒスタミン剤など花粉症の薬についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

 

花粉症薬種類

 

花粉症の薬にはいくつかの種類がありますので、説明していきます。

 

ステロイド薬は症状が強いときに使われ、点鼻薬、経口薬、点眼薬があり、免疫反応を抑え、どのタイプの症状にも効果がみられます。

 

1.経口薬

 

1)カプセル剤

 

ゼラチンなどで薬剤を包んだ薬で、苦みや臭いを感じずに飲むことができます。

 

2)口腔内崩壊錠(OD錠)

 

 

 

OD錠は少量の唾液や水で溶けるので、喉にひっかからずに飲み込むことができるので、錠剤が苦手な方や飲み込む力が弱い子供や高齢者の方にも安心なんです。

 

3)錠剤

 

薬を固形にしたもの。

 

4)粉剤

 

薬を粉末にしたもの。

 

5)顆粒

 

粉剤よりも粒を大きくし、取り扱いやすく飲みやすくした薬で、味を付けてより飲みやすくしたものもあります。

 

6)ドライシロップ

 

飲む直前に水などに溶かして使用する粉剤で、固形物が苦手な子どもなどに適しています。

 

2.点眼薬(目の症状用)

 

目に直接投与する液体の薬で、局所に直接作用し、全身への副作用が少ないのが特徴です。

 

目の症状がひどいときに使うことがあり、定期的な検査が必要なので、使用にあたっては眼科の医師に相談してください。

 

3.点鼻薬(鼻の症状用)

 

鼻の中にスプレーする薬で、局所に直接作用し、鼻づまりや鼻の炎症を抑え、全身への副作用が少ないのが特徴です。

 

鼻噴霧用ステロイド薬は、鼻づまりなどの症状がひどいときに、鼻に噴霧する薬で、定期的に使用しないと効果が十分発揮されないという特徴があります。

 

花粉症の薬についてもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください